不思議な話題.com

大地震・大災害・戦争・経済・宇宙・UFO・都市伝説・陰謀などネットで話題になっている不思議な情報をいち早くご紹介!

当ブログは、あくまでもネットで噂になっている情報をご紹介しているだけです。真偽は御自身の責任で判断してください。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水深3300メートルの海底で新種の肉食生物を発見

http://karapaia.livedoor.biz/archives/52107464.html

水深3300メートルの海底からとんでもない形をした新種の肉食生物が発見される(米カリフォルニア)
2012年11月10日


カリフォルニア沖、水深3300メートルの海底から、新種の肉食の海綿生物が発見された。その形状は複数にわかれた根のような部分から、放射状にハープの玄のような枝が生えており、この枝を使って罠をしかけ、先端についたフックを使って小さな甲殻類を捕食するという。

続きを読む
スポンサーサイト
  • カテゴリー
    UMA

雪男(イエティ)の可能性60~70%!ロシアで未知の哺乳類の体毛

【モスクワ=副島英樹】イエティ(雪男)と呼ばれる謎の動物の体毛である確率は60〜70%——。ロシアの西シベリア・ケメロボ州で米ロなどの研究者が昨年秋に洞窟で見つけた毛について鑑定した結果、そうした結論に達したと、ロシア国立気象大学のサプノフ主任研究員がノーボスチ通信に明らかにした。

昨年秋に国際会議を開いたケメロボ州政府も10月29日、サンクトペテルブルクの研究所で毛のDNA鑑定が終わったと発表。サプノフ氏の言葉を引用し、「アザス洞窟で見つかった10本の毛は人間のものではない。哺乳類のものだが、クマやヤギ、オオカミなどの動物でもない」と伝えた。

サプノフ氏は同通信に対し、「電子顕微鏡での体毛検査や核DNAの抽出を通して、60〜70%の確率で、どの生物のものかを言える。チンパンジーよりはヒトに近い」と述べ、アザス洞窟で見つかった足跡も95%の確率でイエティのものといえると主張した。

ケメロボ州で昨年開かれた国際会議には米国、ロシア、カナダなど5カ国の専門家が参加し、イエティの目撃証言が相次いだ洞窟や周辺の山を探索。洞窟の足跡の一つから毛が見つかっていた。一方で、一度も死体が見つかっていないなど異論もあり、論争を呼んでいる。

朝日新聞デジタル 11月1日(木)22時43分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121101-00000040-asahi-sci

続きを読む
  • カテゴリー
    UMA

フロリダの海岸に謎の巨大な眼球が漂着

http://karapaia.livedoor.biz/archives/52104165.html

フロリダの海岸に流れ着いた謎の巨大な眼球。いったい誰が落としたのか?
2012年10月13日


 米フロリダ州南フロリダ、フォートローダーデールの北ポンパノ海岸に流れ着いていたというソフトボール大はあろう
かと思われる、巨大な青い眼球。この映像や画像は、海洋生物学コミュニティに投稿され、いったい誰が落としていっ
たのだろうと話題となっていた。海に潜って片目の生物を探し出せばそいつに違いなさそうだが。

http://livedoor.blogimg.jp/karapaia_zaeega/imgs/b/0/b0817f47.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/karapaia_zaeega/imgs/3/0/30b0c0d1.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/karapaia_zaeega/imgs/3/7/37ec531a.png

再現ビデオ?
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=ZXjayYjTQR8

 現在この眼球は氷をつめた冷凍パックでフロリダ州セントピーターズバーグにある魚類野生生物研究所に送られる
ことになっている。映像を見た生物研究学者の話によると、メカジキ、マグロ、深海魚、または巨大イカの眼球ではな
いかと言われている。いずれにせよ遺伝子検査で明らかになるだろうとのこと。

続きを読む
  • カテゴリー
    UMA
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。