不思議な話題.com

大地震・大災害・戦争・経済・宇宙・UFO・都市伝説・陰謀などネットで話題になっている不思議な情報をいち早くご紹介!

当ブログは、あくまでもネットで噂になっている情報をご紹介しているだけです。真偽は御自身の責任で判断してください。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学職員刺殺容疑者は元文部官僚だった

大学職員刺殺容疑者は元文部官僚、事件後も出勤

読売新聞 9月29日(土)22時47分配信

 今月20日、同志社女子大職員・荒川孝二さん(36)が京都市左京区の自宅前路上で刺殺された事件で、京都府警に殺人容疑で29日、
逮捕された同大学教育・研究推進センター次長・天野祐一容疑者(59)。

 同志社女子大によると、天野容疑者は東京都出身。文部省(当時)学校法人調査課長補佐や大学入試センター事業部長、山形大総務部長を経て2004年4月
、同志社女子大職員に採用された。10年5月に教育・研究推進センター次長になり、教職員の講習会の企画や、
国の研究資金獲得などの業務を担当。荒川さんと同じ職場になったことはなく、事件後は普段と変わりなく出勤していたという。

 加賀裕郎学長らは29日夜、京田辺キャンパス(京都府京田辺市)で記者会見。
「職員の逮捕はあってはならないこと。荒川さんに心から哀悼の意をささげたい」と述べて頭を下げたが、
天野容疑者のストーカー行為については、「全く把握していない」と繰り返した。

 天野容疑者の上司の山本寿教育・研究推進センター所長は「会話の中で事件が話題になったこともあったが、
変わった様子はなかった」と振り返り、「温厚で、(部下らに)激しく怒った様子も見たこともない」と驚いた様子。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120929-00001052-yom-soci
続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。