スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実話恐怖体験談

今から29年前、小学3年生だった俺は夏休みの登校日で教室に座っていた。
机や椅子は掃除したあとに全部後ろに下げていて生徒は全員床に体操座りをして先生の話を聞いていた。
次の瞬間、教室は突然恐怖の渦に包まれた。
「ガタガタガタガタ!!!!!!!!!!!!!」
クラスで2番目くらいに背が低かった小さな恵美(仮名)ちゃんが全身を震わせて床の上で暴れ出した。
ジャンプしたり、走り回ったり、とかではなく、活きた魚が床に落ちたような感じで寝そべりながらバタバタと跳ねながら。
それだけでも全員超ーーーービビッタのにそれからがホントに怖かった。
男の野太い声で
「アツイヨーーアツイヨーアツイヨーアツイヨーーーーーー」
大声で叫びだした。女の子なのに男の声でだ。
調子に乗ってた男子でもビビリ過ぎて声も出ないし動けない、女子はブルブル震えながらガン見。
先生が突然
「窓を開けなさーーーい!窓を開けなさーーーい!」
皆一斉に窓を開ける。先生は恵美ちゃんがとりつかれやすいと知ってたらしい。
このことは先生の超険しい顔で「禁句命令」出たから噂にもならなかったが、みんなビビリすぎてこの話すらしなかった。

思い出して書くだけでも鳥肌が。。。実話でした。
当方、長崎市の小学校
登校日、原爆投下日

115 :本当にあった怖い名無し:2012/08/28(火) 08:57:26.74 ID:VcXMi+Gt0
不思議な話です。


義父が、色々と不思議な体験をしている人で、結婚して直ぐに聞いた話です。

家からふと外を見たら、凄い沢山の光が小牧空港へ向かって行くのが見えたそうです。

はじめは『なんだろう?』と思ったようですが、向かっている先は小牧空港。

それを見て、『飛行機の事故があったようだ。ご先祖様が迎えに来ているみたいだよ』と家族に言ったそうです。

その後、テレビで事故の事が放送されました。

事故はこちら→ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E8%8F%AF%E8%88%AA%E7%A9%BA140%E4%BE%BF%E5%A2%9C%E8%90%BD%E4%BA%8B%E6%95%85

見える人は見えるのですね・・・。

117 :本当にあった怖い名無し:2012/08/29(水) 20:29:32.34 ID:MZlzLInz0
>>115
自分は当時、小牧空港で働いていたが、何も感じたことない。
墜落後、名古屋〜台湾便が再開してすぐ、中華航空に乗った。
乗客10人いなかった。
あんながらがらのジャンボ機内は最初で最後かもしれん。怖かった。

118 :本当にあった怖い名無し:2012/08/30(木) 08:51:19.76 ID:9Er09MNV0
>>117
>あんながらがらのジャンボ機内は最初で最後かもしれん。怖かった。

それが一番怖いかも知れませんね(汗)

121 :本当にあった怖い名無し:2012/09/01(土) 16:29:27.68 ID:Imqqfs3x0
子供の頃、怖い話や怪談ものの本を読んだ中で、一冊の本がとても印象に残っている。
その本は、偕成社「まぼろしの軍用列車」(編者:日本児童文学者協会)という本だった。
全部で19の話が収められているが、そのいずれも子供心に妙にリアリティがあって、
読んだ後、ゾクゾクしたものである。

「まぼろしの軍用列車」にある“ぼうれいがよぶ海”は橋北中学校水難事件の話だし、
“電話の声”は昭和47年11月に 北海道大雪山系の旭岳で発生した雪崩遭難の話。
“オリョール号のマズルカ”は日露戦争で鹵獲した戦艦オリョール由来の話で、
“脱線事故”は昭和16年9月の山陽線網干駅列車衝突事故の話など、場所や時期が
明確で、それらがあいまいな創作系の話とは違い、今見直しても子供向けにしては妙に
リアルな話ばかりで・・・編者:日本児童文学者協会ってホームページはほのぼのと
しているけど、恐ろしいですw


133 :本当にあった怖い名無し:2012/09/03(月) 11:45:33.58 ID:eYdoUlb20
1,2年くらい前にうちの姉が遭遇した話

うちはすごいど田舎なんだけど、帰り道に両脇を山に囲まれた結構長い道を通らないといけない
今は道も広くなって外灯も付いたけど、それでも人通りは少ないし民家もないしで結構怖い場所
で、とある雨の日、仕事帰りに車でそこに差し掛かったら
なんと道路の真ん中で人が倒れている
驚いて車から降りたら、どうも誰かに轢かれたらしく怪我をしている
救急車…!と思って、ふと前方を見たら
車が一台、10mくらい離れたトコに雨の中ぽつんと停まってるのね
一瞬、この倒れてる人の車?と思ったらしいんだけど、そこから男の人が降りてきて

・その人は自分が轢いてしまった
・救急車を呼ぼうとしたが、携帯の電源が切れてしまった
・助けを呼びたかったがこの場を離れたらひき逃げになってしまうかもしれないので、誰かが通るのを待っていた

とのこと
色々突っ込みたいが、とにかく姉は携帯で救急車を手配
被害者さんはその後入院はしたものの、なんとか無事助かった

ひき逃げしないだけましなのかもしれないけど
雨の中被害者を道路に放置して自分は車に避難してたっていう
加害者の神経に自分はぞっとしました

157 :本当にあった怖い名無し:2012/09/09(日) 12:44:07.92 ID:afdSpvuf0
6〜10歳くらいの時だと思うんだけど、家族で旅行先のホテルで
マターリしていた。
そこで俺が、何が起きたのかわからないが突然腰掛けていたベッドから立ち上がり
「ホッ!!」という掛け声とともに両手を前にだし、手の平が表を向くように
両肘を曲げ、片足を行進のような形であげたポーズをとった。
はっきりいって、俺にこんな事をしようとした意識はまっっったく無い!!!
おちゃらけた行動を一切しないタイプだったので、家族の前とはいえ糞恥ずかしかった。
体が勝手に動き、口が勝手に「ホッ!!」と言ったのだ・・
どう考えても何かが乗り移ったとしか思えない。恥ずかしすぎて20歳過ぎたいまでも
忘れられないし・・(;ω;)

162 :本当にあった怖い名無し:2012/09/13(木) 01:27:18.59 ID:6teECUl+0
愛知県のとある神社はヤバい。。。
霊の通り道らしいね。

174 :本当にあった怖い名無し:2012/09/17(月) 20:52:05.94 ID:h5jhQCN+O
10代〜20代前半の頃
食堂で水が余計に出てきたり、ナンパすると「後ろの席誰が乗ってるの?」とか頻繁に言われてた
金縛りや声が聞こえてたり、ラップ現象などもしょっちゅうだったので、
ちょっとヒステリック気味になり、店員に問い詰めた事があった
「なんで出したんだよ」
「お客様が三人いたように見えましたので…」
「どんな奴なの?」
「いう…私の勘違いで…」
その後連れに止められたが
キチガイとでも思われたのか、うやむやにされて逃げられた。
普段からなんか色々見えたり聞こえたりしたけど、
30歳あたりから何も一切起きなくなって、水もよぶんに出なくなった
10年近く苦しんだけど、年齢的な事もあるのだろうか

179 :本当にあった怖い名無し:2012/09/19(水) 00:27:11.55 ID:uVVxdMWI0
バイトやってた時、3人客が入ってきて
水持っていったら、客2人ってのは実際あったな


179 :本当にあった怖い名無し:2012/09/19(水) 00:27:11.55 ID:uVVxdMWI0
バイトやってた時、3人客が入ってきて
水持っていったら、客2人ってのは実際あったな


183 :本当にあった怖い名無し:2012/09/21(金) 02:11:52.54 ID:ikrwcY/p0
>>179
トイレに2人入っていって、1人しか出てこなかったけどトイレが空だったことはあった

182 :本当にあった怖い名無し:2012/09/19(水) 11:36:24.36 ID:XRS6Dx+o0
幽霊の話じゃないけど

知り合いの近所で夜中にぼや騒ぎが頻繁におきたことがあった。
ある日の明け方、とうとう某会社が物置小屋として使っていた、小さな木造の古い建物が全焼した。
犯人はぼや騒ぎをしょっちゅう起こしている謎の人Xの仕業だろうと確信した。
一ヶ月後にやっと犯人がつかまった。犯人は同じ市内に住む二十代の基地外だった。

彼は統合失調症で半年近く精神病院に入院。薬の服用をきちんと守れるようになったので通院に切り替えた。
しかし退院してからはなぜかひどい不眠症になったようで、病院に来るたびに不眠を訴えた。
いろいろな薬を試してみたがどの薬もきかない。
「世の中の人間がみんなぐっすり眠っているのに自分だけが眠れない・・・」と考えているうちに
だんだん憤りがこみ上げてきて、家族の寝静まった深夜に家を出て、百円ライターであちこちに放火しまくっていた・・・
幸い大事には至らなかったものの、人が完全に寝静まってから基地外がふらふらと出歩いてライターで放火しまくるなんて、これぞ恐怖の中の恐怖。
幽霊より夜中に放火して歩く基地外のほうがどうみてもおっかないと思う。

184 :本当にあった怖い名無し:2012/09/21(金) 17:51:15.35 ID:CpoLUbN00


185 :本当にあった怖い名無し:2012/09/21(金) 21:59:06.51 ID:ncMxxkkZO
>>184 かわええのう、ちょいとゴツイが

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。